Extramedullary plasmacytoma of the third eyelid gland in a dog.

犬の第三眼瞼腺に発生した髄外性形質細胞腫

Perlmann E, Dagli MLZ, Martins MC, Siqueira SAC, Barros PSM. Extramedullary plasmacytoma of the third eyelid gland in a dog. Vet Ophthalmol. 2009;12(2):102-105. PMID:19261165

論文アブストラクト(PubMed)はこちら

7歳のアメリカン・コッカー・スパニエルに見られた第三眼瞼腺の髄外性形質細胞腫の症例を報告する。右眼の第三眼瞼腺の腫大、過剰な粘液膿性眼脂、軽度の充血および角膜の色素沈着が認められた。腫瘤のバイオプシーにより、 特徴的な腫瘍形質細胞群が腺に浸潤し、部分的に破壊されていることが明らかになった。腫瘍細胞はCD138、Ki-67およびラムダ軽鎖に対して陽性だったが、CD20、CD3、カッパ軽鎖およびサイトケラチンには陰性だった。術後12ヶ月間再発は認められなかった。著者の知る限り、今回は犬で初めて報告された第三眼瞼腺の髄外性形質細胞腫の症例である。

(Figure 1より 症例外貌)


Experimental Design Case Report

 

0