神経原性乾性角結膜炎(KCS)の犬のケースレポート

論文紹介
犬の神経原性乾性角結膜炎:11症例(2006-2010)
Canine neurogenic Keratoconjunctivitis sicca: 11 cases (2006-2010).

Matheis FL, Walser-Reinhardt L, Spiess BM. Vet Ophthalmol. 2012;15(4):288-290. doi:10.1111/j.1463-5224.2011.00968.x. PMID: 22051024

原文 (PubMed)はこちら
論文アブストラクト
目的:

神経原性乾性角結膜炎(KCS)と他の神経障害のない同側性のドライノーズの犬の臨床データを記述すること。

方法:

2006年から2010年の間に神経性KCSと同側のドライノーズと診断された11頭の犬で後ろ向き症例研究を行った。 犬種、年齢、性別、病歴、神経原性KCSの疑われる原因、臨床症状、治療様式について医療記録をレビューした。 フォローアップ情報は、紹介元の獣医師、あるいはオーナーに対する電話での聞き取り、あるいは犬の再検査で入手した。

結果:

犬の平均年齢は6.6±4.5歳だった。 神経原性KCSは10種の異なる犬種からなる3頭メス、5頭避妊済みメス、1頭オス、2頭去勢済みオスで診断された。 同側のドライノーズに伴ったKCS(平均シルマー涙試験(STT)値1.9±2.9mm/分)の眼症状は7頭が左眼、4頭が右眼で診断された。 神経原性KCSの原因として疑われたものは、9頭が特発性、2頭が外傷だった。 全身療法はピロカルピン1-2%点眼液の経口投与で、症例によりシクロスポリン0.2%と涙代用液の点眼治療を行った。 治癒までのピロカルピン全身投与の期間は5頭の犬で125日(範囲84-204日、中央値98日)だった。 1頭の犬はフォローアップができず、残りの5頭はいまだピロカルピンの全身投与の治療を行っている。

結論:

同側のドライノーズを伴う神経原性KCSは、犬種傾向がなく、大部分は中年齢のメス犬の特発性疾患と思われ、自然に回復する症例もいる。

原文アブストラクト
OBJECTIVE: To describe the clinical data of dogs with neurogenic Keratoconjunctivitis sicca (KCS) and an ipsilateral dry nose without other neurologic deficits.
PROCEDURE: The retrospective case study included 11 dogs diagnosed with neurogenic KCS and an ipsilateral dry nose between 2006 and 2010. Medical records were reviewed for breed, age, sex, history, suspected cause of neurogenic KCS, clinical signs, and treatment modalities. Follow-up information was obtained by re-examination of patients or completion of a telephone survey with the referring veterinarian or the owners.
RESULTS: Mean age of the dogs was 6.6 ± 4.5 years. Neurogenic KCS was diagnosed in three females, five spayed females, one male, and two castrated males representing 10 different breeds. Ophthalmic signs of KCS (mean Schirmer tear test [STT] value of 1.9 ± 2.9 mm/min) combined with an ipsilateral dry nose were diagnosed in seven left and four right eyes. The suspected cause of neurogenic KCS was idiopathic in nine and trauma in two cases. Systemic therapy consisted of oral pilocarpine 1-2% eye drops combined with case-specific topical treatment with cyclosporine 0.2% and tear substitutes. Duration of systemic treatment with pilocarpine until healing was 125 days (range 84-204, median 98 days) for five dogs. One dog was lost to follow-up, and the remaining five dogs are still under systemic treatment with pilocarpine.
CONCLUSIONS: Neurogenic KCS with an ipsilateral dry nose seems to be a predominantly idiopathic disease of middle-aged female dogs without breed predisposition, which may be self-limiting in some cases.

 

0