メデトミジン-デクスメデトミジン-ブトルファノールのコンビネーションは眼圧に影響を及ぼすか?

Effect of medetomidine-butorphanol and dexmedetomidine-butorphanol combinations on intraocular pressure in healthy dogs
Rauser P, Pfeifr J, Proks P, Stehlík L. Vet Anaesth Analg. 2012;39(3):301-305. doi:10.1111/j.1467-2995.2011.00703.x
PMID: 22420953
原文(PubMed)はこちら
論文アブストラクト
目的:

メデトミジン-ブトルファノールおよびデクスメデトミジン-ブトルファノールの静脈内(IV)投与が眼圧(IOP)におよぼす影響について評価すること。

研究デザイン:

プロスペクティブ無作為化盲検臨床試験。

動物:

40頭の健康な犬。 体重平均±SDは37.6±6.6kg、年齢の平均±SDは1.9±1.3歳。

方法:

犬を無作為に、デクスメデトミジン0.3mg/m2とブトルファノール6mg/m2の混合IV群(グループDEX)およびメデトミジン0.3mg/m2とブトルファノール6mg/m2の混合IV群(グループMED)とに分類した。 IOPおよび心拍数(PR)と呼吸数(f(R))を、投与前(ベースライン)および投与後10(T10)、20(T20)、30(T30)および40(T40)分後に測定した。 鎮静後にヘモグロビンの酸素飽和度(SpO(2))をモニターした。データを分散分析によって分析し、その後多重比較に対するDunnett検定を行った。p<0.05の場合に、その変化を有意とみなすこととした。 鎮静後にヘモグロビンの酸素飽和度(SpO(2))をモニターした。 データを分散分析によって分析し、その後多重比較に対するDunnett検定を行った。 p<0.05の場合、変化は有意であるとみなした。

結果:

投薬後,PR及びf(R)は全ての時点で有意に減少したが,群間で有意差はなかった。 ベースラインのIOP(mmHg)はDEXで14 ± 2mmHg、MEDで13±2mmHgであった。 両処理ともT10でIOPは有意に増加し(p < 0.001),DEXとMEDに対してそれぞれ20±3および17±2に達した DEXのこの値はMEDより有意に高値であった。 それ以外の時間点では、群間のIOP値に有意差はなかった。 T30およびT40では、両群のIOPはベースライン(DEXが12±2および11±2:MEDが12±2および11±2)を下回り、これはDEXについて統計的に有意であった。

結論と臨床的関連性:

ここで報告された用量では、両方の鎮静薬の組み合わせは、ベースラインと比較して一時的なIOPの増加とその後の低下を誘発した。これはIOPの著しい変化が望ましくない動物の鎮静を計画する際に考慮しなければならない。

 

原文アブストラクト
OBJECTIVE: To assess the effects of intravenous (IV) medetomidine-butorphanol and IV dexmedetomidine-butorphanol on intraocular pressure (IOP).

STUDY DESIGN: Prospective, randomized, blinded clinical study. ANIMALS: Forty healthy dogs. Mean ± SD body mass 37.6 ± 6.6 kg and age 1.9 ± 1.3 years.

METHODS: Dogs were allocated randomly to receive an IV combination of dexmedetomidine, 0.3 mg m(-2), combined with butorphanol, 6 mg m(-2), (group DEX) or medetomidine 0.3 mg m(-2), combined with butorphanol 6 mg m(-2), (group MED). IOP and pulse (PR) and respiratory (f(R) ) rates were measured prior to (baseline) and at 10 (T10), 20 (T20), 30 (T30) and 40 (T40) minutes after drug administration. Oxygen saturation of hemoglobin (SpO(2)) was monitored following sedation. Data were analyzed by anova followed by Dunnett’s tests for multiple comparisons. Changes were considered significant when p < 0.05.

RESULTS: Following drug administration, PR and f(R) were decreased significantly at all time points but did not differ significantly between groups. Baseline IOP in mmHg was 14 ± 2 for DEX and 13 ± 2 for MED. With both treatments, at T10, IOP increased significantly (p < 0.001), reaching 20 ± 3 and 17 ± 2 for DEX and MED respectively. This value for DEX was significantly higher than for MED. There were no significant differences in IOP values between groups at any other time points. At T30 and T40, IOP in both groups was below baseline (DEX, 12 ± 2 and 11 ± 2: MED 12 ± 2 and 11 ± 2) and this was statistically significant, for DEX.

CONCLUSIONS AND CLINICAL RELEVANCE: At the documented doses, both sedative combinations induced a transient increase and subsequent decrease of IOP relative to baseline, which must be taken into consideration when planning sedation of animals in which marked changes in IOP would be undesirable.

コメント

コメント書く

0