Effects of 5% sodium chloride ophthalmic ointment on thickness and morphology of the normal canine cornea.

5%食塩眼軟膏の犬正常角膜の厚さと形態に対する影響

Samuel M, Thomasy SM, Calderon AS, Kass PH, Collins K, Murphy CJ. Effects of 5% sodium chloride ophthalmic ointment on thickness and morphology of the normal canine cornea. Vet Ophthalmol. 2018;20 (Suppl 2):190. doi:10.1111/vop.12582. PMID: 29927055

論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

論文アブストラクト
“原文”自動翻訳
OBJECTIVE:
To determine the effect of 5% sodium chloride ophthalmic ointment (5% NaCl) on thickness and morphology of the normal canine cornea using ultrasonic pachymetry (USP), in vivo confocal microscopy (IVCM), and Fourier-domain optical coherence tomography (FD-OCT).
METHODS:
Five healthy laboratory Beagles received ophthalmic examinations including USP, IVCM, and FD-OCT prior to and at fixed intervals following treatment. The right and left eyes were treated with 5% NaCl and artificial tears ophthalmic ointment (AT), respectively, every 2 hours for 4 treatments/d (days 2-9), and then hourly for 7 treatments/d (day 10). Treatment groups were statistically compared using mixed-effects linear regression.
RESULTS:
Treatment with 5% NaCl resulted in a 12 μm decrease in corneal thickness from baseline (P < .001), while there was no significant difference in corneal thickness between values obtained at baseline and following treatment with AT (P = .82). Epithelial cell density significantly increased from baseline (530 ± 52 cells/mm2 ) to 577 ± 43 and 567 ± 15 cells/mm2 with 5% NaCl and AT, respectively (P = .003 and .005, respectively). However, keratocyte cell density in the anterior and posterior stroma and endothelial cell density did not significantly differ following treatment with 5% NaCl or AT ointment (P > .05).
CONCLUSIONS:
Short-term topical treatment with 5% NaCl decreased corneal thickness in normal dogs with no observable changes in corneal morphology or signs of ocular toxicity.

目的:
超音波パキメトリー(USP)、in vivo 共焦点顕微鏡(IVCM)、およびフーリエドメイン光干渉断層計(FD-OCT)を用いた正常イヌ角膜の厚さおよび形態に対する5%塩化ナトリウム眼軟膏(5%NaCl)の効果を調査した。
方法:
5匹の健康な実験用ビーグル犬に対して、治療前と治療後一定間隔で、USP、IVCM、FD-OCTなどを含む眼科検査を行った。右眼および左眼を、それぞれ5%NaClおよび人工涙液(AT)の眼軟膏で、2時間毎に4回/日(2〜9日目)その後、1時間毎に7回/日(10日目)処置をした。治療群は、混合効果線形回帰を用いて統計的に比較した。
結果:
5%NaCl軟膏で処理するとベースラインからの角膜厚が12μm減少し(P <.001)、一方でベースライン時およびAT処置後に得られた値の間に角膜厚の有意差はなかった(P = .82)。上皮細胞密度は、それぞれ5%NaClおよびATで、ベースライン(530±52 cells/mm2)から577±43および567±15 cells/mm2に有意に増加した(P = .003および.005)。しかし、前部および後部角膜実質におけるケラチノサイト密度および内皮細胞密度は、5%NaClまたはAT軟膏(P> 0.05)で処理した後に有意な差はなかった。
結論:
5%NaCl眼軟膏を用いた短期治療は、正常なイヌにおける角膜厚を減少させた。角膜の形態学的変化または眼毒性の兆候は観察されなかった。

 

コメント

人の眼科では臨床的に角膜内皮障害による角膜浮腫に対して、5%食塩眼軟膏が使われており、その効果に関する研究報告もありますが、犬でのエビデンスがありません。そこで著者らは、正常ビーグル犬に5%食塩眼軟膏を用いた場合の角膜厚と細胞形態はどのような影響を受けるのかを調べるために研究を行いました。この研究はよくデザインされた研究であるといえるでしょう。サンプルサイズに関してのPower Calculationが記述されていて、統計学的解析は線形混合効果モデルを用いています。結果として、5%食塩眼軟膏を使用した処置眼では、人工涙液の眼軟膏を使用したコントロール眼と比べて、10µm程度の角膜厚の減少が認められました。犬の角膜浮腫に対しての同様のさらなる研究が必要であると述べられていますが、既存の研究報告を考慮すると、角膜浮腫の眼ではさらなる効果が期待できるだろうと著者らは結論づけています。

 図3Aより引用

 

1+