Nonhealing Corneal Ulcers in Cats: 29 Cases (1991-1999)

猫の難治性角膜潰瘍: 29症例(1991-1999)

La Croix NC, van der Woerdt A, Olivero DK. Nonhealing corneal ulcers in cats: 29 cases (1991-1999). J Am Vet Med Assoc. 2001;218(5):733-735. PMID:11280407

論文アブストラクト(PubMed)はこちら

目的

難治性角膜潰瘍の猫に対して、デブライドメント、格子状角膜切開とデブライドメント、そして表層角膜切除術を実施した際の治癒までの平均期間の比較をすること。

デザイン

回顧的研究。

動物

29頭の猫(難治性角膜潰瘍の26眼)。

方法

難治性角膜潰瘍の猫の医療記録を再調査し、シグナルメント、臨床症状の持続期間、眼異常、様々な治療プロトコールに対する反応を記録した。

結果

罹患していた猫の平均年齢は7歳8ヶ月で、品種はドメスティクショートヘア(17頭)、ペルシャ猫(9頭)、ヒマラヤン(2頭)、シャムネコ(1頭)であった。臨床症状は、紹介されるおよそ2週間前に明らかに発現した。4頭の猫は両眼が罹患していた。デブライドメントでの角膜治癒までの平均日数は30日であった。デブライドメントと格子状角膜切開を行ったものは、治癒までの平均日数は42日だった。2眼には表層角膜切除術を行い、2週間で治癒した。角膜壊死症の形成は、デブライドメントと格子状角膜切開で治療された13眼のうち4眼で確認された。

結論と臨床的意義

短頭猫に難治性角膜潰瘍が発生する傾向がある。デブライドメントと格子状角膜切開の組み合わせは、デブライドメントだけの治療より平均治癒期間が短縮されなかった。格子状角膜切開は角膜潰瘍を角膜壊死症に悪化させるかもしれない。


Experimental Design Retrospective case series
P 北米の2施設で1991〜1999に難治性角膜潰瘍と診断された猫
I デブライドメント、格子状角膜切開とデブライドメント、または表層角膜切除術
C
O 平均治癒期間

コメント

角膜疾患の明らかな原因が考えられた症例(例:睫毛乱生、兎眼など)は除外されています。本研究では、14/36眼(38%)で角膜潰瘍が治癒する前にフォローアップが出来なくなっています。22/36眼(61%)でフォローアップが可能であり、角膜潰瘍が治癒するまで平均5週間を要しています。デブライドメントを行なった21眼では 2 眼(10%)が、格子状角膜切開とデブライドメントを行なった13眼のうち4 眼(31%)が、角膜壊死症を発症しています。また表層角膜切除術のみを行なった2症例以外の全ての治療グループで角膜壊死症を発症しています。

0