Uveodermatological syndrome (Vogt-Koyanagi-Harada-like syndrome) with generalized depigmentation in a Dachshund

全身性の脱色素を伴うぶどう膜皮膚症候群(Voft-小柳-原田様症候群)のダックスフンドの一例

Herrera HD, Duchene AG. Uveodermatological syndrome (Vogt-Koyanagi-Harada-like syndrome) with generalized depigmentation in a Dachshund. Vet Ophthalmol. 1998;1(1):47-51. PMID: 11397209

論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

3歳の雌のブラックタンのダックスフンドが視覚障害、両側性の前後部ブドウ膜炎、白毛症および全身性の皮膚の脱色素で来院した。CBCとT3、T4を含む生化学的パラメータは正常であった。皮膚生検で、苔癬化した皮膚病変部には真皮に組織球とリンパ球の浸潤が見られ、ブドウ膜皮膚症候群であることが示唆された。処置として、プレドニゾロンとアザチオプリンの経口投与と局所プレドニゾロンとアトロピンの点眼処置を開始した。臨床症状の改善と視覚は維持され、皮膚は治療を開始して2ヶ月で脱色素の改善が見られた。

 


Experimental Design Case report

 

0