Punctal occlusion in the treatment of canine keratoconjunctivitis sicca.

涙点閉塞術を利用した犬の乾性角結膜炎の治療

Williams DL. Use of punctal occlusion in the treatment of canine keratoconjunctivitis sicca. J Small Anim Pract. 2002;43(11):478-481. doi:10.1111/j.1748-5827.2002.tb00017.x / 研究デザイン:ケースシリーズ / PMID: 12463262
論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

論文アブストラクト
原文翻訳
Twenty eyes of 10 dogs with keratoconjunctivitis sicca (KCS) were treated by occlusion of the ventral nasolacrimal punctum with a silicone punctal plug in order to increase the volume of the remaining tear lake. Punctal size was measured using a commercially available punctal gauge and the appropriate sized plug was inserted under local anaesthesia. Seven dogs showed an increase in Schirmer tear test I (STT) value. STT values immediately prior to plug placement were 2.3 +/- 1.7 mm/minute. STT values with punctal occlusion were 6.1 +/- 4.1 mm/minute, giving a mean increase of 3.8 +/- 2.7 mm/minute (P<0.001). In 14 eyes of eight dogs, the increase in STT values was accompanied by a clinical improvement in the appearance of the ocular surface. In the three dogs with no increase in STT values, the use of punctal plugs reduced the frequency of artificial tear replacement therapy required to maintain a healthy ocular surface. These results show that use of punctal plugs in dogs with KCS may be appropriate where other lacrimomimetic medications have been unsuccessful.

乾性角結膜炎(KCS:keratoconjunctivitis sicca)に罹患している10頭の犬の20眼に対して、涙湖に貯留する涙量を増やすため、シリコン製の涙点に対する栓で腹側の鼻涙点を閉塞する治療を行った。市販の涙点ゲージを用いて涙点サイズを測定し、適切なサイズのプラグを局所麻酔下に挿入した。7頭の犬で、シルマー・ティアー・テスト(STT:Schirmer tear test)値の増加が認められた。プラグの設置直前のSTT値は、2.3+/-1.7mm/minであった。涙点閉塞術により、STT値は平均3.8+/-2.7mm/min増加し(P<0.001)、6.1+/-4.1mm/minになった。8頭の犬の14眼で、眼表面の外観における臨床的な改善と共に、STT値の増加が認められた。STT値の増加が認められなかった3頭の犬では、涙点プラグを使用することにより健康な眼表面を維持するために必要な人工涙液を点眼する回数を減らすことができた。これらの結果から、KCSに罹患した犬に対して他の涙液産生に作用よる治療が成功しなかった場合、涙点に対する栓を使用することが有効である可能性がある。

涙点プラグ(Figure 1 より)

 

コメント

コメント書く

0