Clinical evaluation of pimecrolimus eye drops for treatment of canine keratoconjunctivitis sicca: a comparison with cyclosporine A.

犬の乾性角結膜炎のピメクロリムス点眼投与の臨床評価

Ofri R, Lambrou GN, Allgoewer I, et al. Clinical evaluation of pimecrolimus eye drops for treatment of canine keratoconjunctivitis sicca: a comparison with cyclosporine A. Vet J. 2009;179(1):70-77. doi:10.1016/j.tvjl.2007.08.034 / 研究デザイン:オープンラベル多施設間試験 / PMID: 17950639
論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

論文アブストラクト
原文翻訳
The aim of this study was to evaluate the efficacy of pimecrolimus oil-based eye drops in alleviating the clinical signs of keratoconjunctivitis sicca (KCS) in dogs and to compare the efficacy with that of cyclosporine A (CsA) ointment. An open-label, multicenter study enrolling 44 dogs previously untreated with CsA was conducted. Dogs were randomly assigned to a treatment group and medicated twice daily for 8 weeks. After that time the mean increase (+/-SEM) in the Schirmer tear test was 9.2+/-1.6 mm/min in the pimecrolimus group and 5.8+/-1.1 mm/min in the CsA group (P=0.085). The improvement in clinical signs of inflammation in eyes treated with pimecrolimus was significantly greater than in eyes treated with CsA (P=0.02). The results show that 1% pimecrolimus oily eye drops are as safe as and more effective than CsA ointment in controlling KCS in dogs.
 
この研究の目的は、犬における乾性角結膜炎(KCS)の臨床症状軽減において、ピメクロリムス油性点眼薬の効果を評価し、シクロスポリンA(CsA)軟膏との効果を比較することだった。以前にCsAを投与されたことがない44匹の頭の犬を使用したオープンラベルの多施設試験が実施された。犬を無作為に治療群に振り分け、1日2回8週間投与した。その後のシルマー涙試験の平均増加(±SEM)は、ピメクロリムス群で9.2±1.6mm/min、CsA群で5.8±1.1mm/minだった(P=0.085)。ピメクロリムスで治療した目の炎症の臨床症状における改善は、CsAで治療した目よりも有意に良好だった(P=0.02)。結果より1%ピメクロリムスの油性点眼薬は、犬のKCSのコントロールにおいてCsA軟膏と同じくらい安全であり、より効果的であることが示された。
 
 
0.2% シクロスポリン眼軟膏(●) と 1% ピメクロリムス点眼(▴)の涙液産生における効果(Fig. 1. より)
0