Ocular lesions associated with systemic hypertension in dogs: 65 cases (2005-2007)

犬の全身性高血圧症に関連した眼病変:65例(2005-2007)

LeBlanc NL, Stepien RL, Bentley E. Ocular lesions associated with systemic hypertension in dogs: 65 cases (2005-2007). J Am Vet Med Assoc. 2011;238(7):915-921. PMID: 21453181

論文アブストラクト(PubMed)はこちら

目的

高血圧の犬でみられる眼所見を明らかにし、高血圧を示唆する眼疾患に罹患した犬における高血圧の発生率を決定すること、そして高血圧の程度と眼疾患との間の推測される関係性を調べること。

研究計画

回顧的ケースシリーズ

動物

血圧測定(n=22)、眼科検査(25)、あるいはそれら両方(18)のために紹介された初診の犬65頭

方法

2005年1月1日~2007年12月31日の間に大学付属動物病院にて診察を受け、さらに24時間以内に徹底した眼科検査と血圧測定の両方を受けた犬を見つけるために、医療記録をレビューした。シグナルメント、ヒストリー、血圧測定、眼科検査所見、および血管作用薬による治療を全て記録した。全身性高血圧症と関連した可能性が高いと考えられた眼病変には、網膜出血、網膜剥離、前房出血、血管の蛇行、および網膜下浮腫が挙げられた。

結果

犬65頭の内、42頭が高血圧(収縮期血圧 – ≥160mmHg)であり、23頭は正常な血圧であった。高血圧症の犬の62%(26/42)で1つ以上のタイプの眼病変が認められた。網膜出血は高血圧の犬で最も多い眼病変であった(17/42[40%])。1つ以上のタイプの眼病変があることは高血圧の有無に対して、それぞれ62%の中程度の感度および61%の中程度の特異性であった。初診の眼科検査後に血圧測定のため紹介診療を受けた25頭中15頭(60%)の犬で高血圧症が判明した。

結論と臨床的意義:眼病変は全身性高血圧症の犬において多いものである。高血圧症あるいは高血圧と関連した疾患に罹患した犬では、眼が標的器官となる障害に対して注意深いモニタリングが必要であり、高血圧症は、特徴的な眼病変を示す犬において体系的に鑑別されるべきである。


Experimental Design Retrospective case series
P 2005年1月1日~2007年12月31日の間に大学付属動物病院にて血圧測定(n=22)、眼科検査(25)、あるいはそれら両方(18)のために来院した犬65頭
I NA
C NA
O 一連の眼科検査による高血圧の犬でみられる眼所見

高血圧が疑われる眼病変があった犬が実際に高血圧であると診断される割合

収縮期血圧と眼病変の関係性

コメント

高血圧症の犬(収縮期血圧中央値:197 mm Hg 範囲:165~265 mm Hg))で、眼検査で異常所見が認められたのは62% (26/42)でした。さらにその中で、網膜出血を伴うものが最も多く17症例、およそ65% (17/26)でした。

0