Effect of topical application of 0.5% proparacaine on corneal culture results from 33 dogs, 12 cats, and 19 horses with spontaneously arising ulcerative keratitis.

自然発症性潰瘍性角膜炎に罹患した33頭のイヌ、12頭のネコ、および19頭のウマの角膜菌培養の結果に対する0.5%プロパラカイン点眼の影響

Edwards SG, Maggs DJ, Byrne BA, Kass PH, Lassaline ME. Effect of topical application of 0.5% proparacaine on corneal culture results from 33 dogs, 12 cats, and 19 horses with spontaneously arising ulcerative keratitis. Vet Ophthalmol 2018;19(3):353 . / PMID:30193404
論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

論文アブストラクト
原文自動翻訳

OBJECTIVE:
To investigate the effect of topically applied proparacaine on bacterial and fungal culture results and to compare cytologic and culture results in patients with ulcerative keratitis.

PROCEDURE:
Corneal samples were collected from 33 dogs, 19 horses, and 12 cats with spontaneously arising ulcerative keratitis. Samples for bacterial (dogs, cats, horses) and fungal (horses) cultures were collected prior to and following application of 0.5% proparacaine or saline. All patients then received a topical anesthetic, and samples were collected for cytology. Frequency of cultivatable bacteria before (Swab 1) and after (Swab 2) application of proparacaine or saline was compared using Fisher’s exact test. Homogeneity of culture and cytology results was assessed using McNemar’s test.

RESULTS:
No difference was detected in number of animals from which bacteria were isolated from Swab 1 or Swab 2 for proparacaine (21/37 and 17/37, respectively) or saline (10/27 and 12/27, respectively). Small numbers prevented analysis of fungal culture results in horses between Swab 1 and Swab 2 for proparacaine (2/12 and 1/12, respectively) or saline (both, 1/8). Bacteria were isolated from 10 of 20 horses and detected cytologically in 3 of these; fungi were isolated from 3 of 20 horses and detected cytologically in 2 of these. Bacteria were detected more frequently using culture (31/64) than cytology (19/64).

CONCLUSION:
Proparacaine did not significantly alter bacterial or fungal culture results in cats, dogs, or horses; however, clinical significance warrants investigation. Culture and cytology provided complementary data; both should be performed to maximize organism detection in patients with ulcerative keratitis.

KEYWORDS:
bacteria; corneal culture; cytology; fungi; proparacaine

目的:
細菌および真菌の培養結果に対するプロパラカイン点眼の影響を調査し、潰瘍性角膜炎に罹患した動物における細胞学的および培養結果を比較すること。

手順:
角膜のスワブサンプルを潰瘍性角膜炎に罹患した犬33頭、馬19頭、猫12頭で採取した。細菌(イヌ、ネコ、ウマ)および真菌(ウマ)培養の試料を、0.5%プロパラカインまたは生理食塩水の点眼前後に収集した。その後、全ての動物に点眼麻酔薬を投与し、細胞診用にサンプルを採取した。プロパラカインまたは生理食塩水の適用前(スワブ1)および適用後(スワブ2)の培養可能であった細菌の頻度を、フィッシャー正確確率検定を使用して比較した。培養の均一性および細胞学的結果はマクネマー検定を用いて評価した。

結果:
スワブ1またはスワブ2からプロパラカイン(それぞれ、21/37および17/37)または食塩水(それぞれ、10/27および12/27)で細菌が単離された動物の数に差は検出されなかった。真菌が単離された馬が少なかったため、プロパラカイン(それぞれ2/12および1/12)または食塩水(両方、1/8)についてのスワブ1とスワブ2の真菌培養の結果については解析ができなかった。細菌は20頭のうち10頭の馬から分離され、そのうち3頭で細胞学的に検出された。真菌は、20頭中3頭の馬から分離され、そのうち2頭から細胞診で検出された。細菌は細胞診(19/64)よりも培養(31/64)を用いてより頻繁に検出された。

結論:
プロパラカインは、猫、犬、馬の細菌や真菌の培養結果を大きく変えることはなかった。しかしながら、臨床的な重要性に関してはさらなる調査が必要である。培養および細胞診は補足的なデータを提供する。両方とも潰瘍性角膜炎の動物の菌の検出の可能性を最大にするために行われるべきである。

キーワード:
バクテリア、角膜の培養、細胞診、菌類、プロパラカイン

 

0