Effects of topical ophthalmic application of 0.5% proparacaine hydrochloride on aerobic bacterial culture results for naturally occurring infected corneal ulcers in dogs.

犬の感染性角膜潰瘍の好気性菌培養結果に対する0.5%塩酸プロパラカイン点眼の効果

Fentiman KE, Rankin AJ, Meekins JM, Roush JK. Effects of topical ophthalmic application of 0.5% proparacaine hydrochloride on aerobic bacterial culture results for naturally occurring infected corneal ulcers in dogs. J Am Vet Med Assoc. 2018;253(9):1140-1145. doi:10.2460/javma.253.9.1140. / PMID: 30311533
論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

論文アブストラクト
原文自動翻訳

OBJECTIVE:

To evaluate the effects of topical ophthalmic application of 0.5% proparacaine hydrochloride solution (PHCL; containing 0.01% benzalkonium chloride as preservative) on aerobic bacterial culture results for naturally occurring infected corneal ulcers in dogs.

DESIGN:

Clinical trial.

ANIMALS:

25 client-owned dogs with infected corneal ulcers (24 unilaterally affected and 1 bilaterally affected; only 1 eye included/dog) examined between June 2008 and May 2011.

PROCEDURES:

Swab samples for aerobic bacterial culture were collected from the periphery of each corneal ulcer before and approximately 1 minute after topical ophthalmic application of 1 drop of PHCL. Numbers of aerobic bacterial species isolated from affected eyes were compared between sample collection points and between other variables (ie, side [left or right] of affected eye, prior treatments, and patient age, sex, and neuter status).

RESULTS:

There was no significant difference between numbers of aerobic bacterial species isolated per eye or overall aerobic bacterial culture results (positive or negative) before versus after PHCL application. Similarly, prior treatment had no significant effect on aerobic bacterial culture results for samples collected at either point. The most commonly isolated bacteria before and after PHCL application were Staphylococcus spp (40% and 48%, respectively), followed by Streptococcus spp (23% and 22%, respectively).

CONCLUSIONS AND CLINICAL RELEVANCE:

Topical ophthalmic application of PHCL did not significantly affect aerobic bacterial culture results for naturally occurring infected corneal ulcers in dogs as assessed in this study. Therefore, topical ophthalmic PHCL application could be useful in clinical settings prior to sample collection to relieve patient discomfort and to aid in sample acquisition without compromising aerobic bacterial culture results.

目的

犬における自然発生性感染角膜潰瘍の好気性細菌培養結果に対する0.5%塩酸プロパラカイン溶液(PHCL: 防腐剤として0.01%塩化ベンザルコニウムを含む)の局所点眼の効果を評価すること。

デザイン

臨床試験。

動物:2008年6月から2011年5月に検査した感染性角膜潰瘍に罹患した犬25頭(片側眼24例、両眼に1例;1頭から1眼のみを対象とする)。

手順

好気性細菌培養のためのスワブサンプルを、PHCL1滴の点眼の前および約1分後に、各角膜潰瘍の周辺から収集した。罹患眼から単離された好気性細菌種の数を、サンプル採取時および他の変数(すなわち、罹患眼の左右、以前の治療・処置、年齢、性別、および避妊去勢の有無)間で比較した。

結果

PHCL点眼前と比較して、眼ごとに単離された好気性細菌種の数、また好気性細菌培養結果(陽性または陰性)に有意差はなかった。同様に、過去の治療内容は、どちらの時点で採取した試料についても好気性細菌培養結果に有意な影響を及ぼさなかった。 PHCL点眼前後で最も一般的に単離された細菌は、Staphylococcus spp(それぞれ40%および48%)、続いてStreptococcus spp(それぞれ23%および22%)であった。

結論と臨床的な意義

この研究で評価されたように、PHCL点眼は、犬における自然発生性の感染性角膜潰瘍の好気性細菌培養結果に有意に影響しなかった。したがって、PHCL点眼のサンプル採取前の適応は、臨床現場において患者の不快感を和らげ、好気性細菌培養結果を損なうことなくサンプル採取を助けるために、有用である可能性がある。

コメント

非ランダム化コントロールなしの臨床研究です。獣医領域では犬の感染性角膜炎に対して0.5塩酸プロパラカイン点眼をすることで細菌培養の結果が変わってしまうのかどうかに対する科学的な根拠がないため著者らはこの研究を行いました。結果として著者らはサンプル採取前の0.5塩酸プロパラカイン点眼は好気性細菌培養結果に有意な影響を及ぼさなかったとしています。本研究ではサンプルサイズが小さいことと、臨床的な効果についての考察が必要であると思われます。例えば、20/25眼 (80%)が点眼前に好気性細菌培養が陽性であったのに対し、点眼後では17/25眼 (72%)でした。この2眼(8%)を臨床的に大きな差と考えるのかは個人の考えによるのではないでしょうか。

1+