Hemangiosarcoma of the third eyelid in a dog.

第3眼瞼に発生した血管肉腫に罹患した犬の一例

Liapis IK, Genovese L. Hemangiosarcoma of the third eyelid in a dog. Vet Ophthalmol. 2004;7(4):279-282. PMID: 15200625

論文アブストラクト(PubMed)はこちら

7歳齢のコーカサスシープドッグの第3眼瞼に発生した血管肉腫の症例報告である。大きく充血した腫瘤が右眼の第3眼瞼の遊離縁より突出している、という主訴で来院した。その腫瘤と第3眼瞼の遊離縁は、外科的に切除された。病理学的診断の結果、その腫瘍は第3眼瞼の固有層に浸潤しており、腫瘍性の間葉細胞が不規則な血液を含んだ導管を形成していた。腫瘍細胞は中程度の細胞不同、核の大小不同を示し、核分裂指数は低かった。外科切除の創傷は治癒し、9ヵ月後も再発の徴候は認められなかった。著者の知る限り、犬で第3眼瞼に血管肉腫が発生した報告は初めてである。


Experimental Design Case report
P 7歳齢のコーカサスシープドッグの第3眼瞼に発生した血管肉腫
I 切除
C NA
O 再発フォローアップ

 

(Figure 1より 症例の右眼外観)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です