Microbiota of the conjunctival sac of 120 healthy cats.

120頭の猫の結膜嚢の細菌叢

Büttner JN, Schneider M, Csokai J, Müller E, Eule JC. Microbiota of the conjunctival sac of 120 healthy cats. Vet Ophthalmol. 2018;10:303. doi:10.1111/vop.12598. / PMID:30095211
論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

論文アブストラクト
原文自動翻訳

OBJECTIVES:

To describe the bacterial and fungal microbiota of the conjunctiva and factors influencing these microbiota of healthy cats. To evaluate the antimicrobial resistance profile and discuss the use of appropriate antimicrobial drugs.

ANIMALS STUDIED:

One hundred and twenty healthy cats

PROCEDURES:

Conjunctival samples with dry or premoistened swabs were obtained from both eyes and cultured for aerobic and anaerobic bacteria and fungi. In vitro bacterial, susceptibility testing was performed. The effects of age, sex, breed, season, living environment, and sample collection technique on the frequency and composition of microbial isolation were evaluated.

RESULTS:

In 49 of 120 cats (40.8%) and 73 of 240 swabs (30.4%), microorganisms were isolated. Of the isolates, 71% (61/86) were Gram-positive bacteria, 26% (22/86) were Gram-negative bacteria, and 3% (3/86) were fungi. Staphylococcus felis (17/86; 19.8%) was the most commonly isolated species. Moraxella osloensis (5/86; 5.8%) was the most frequent Gram-negative species. The season had a statistically significant influence (P = 0.04) on the frequency of isolation. The use of premoistened swabs increased the rate of Gram-positive bacterial detection significantly (P = 0.03). The in vitro susceptibility testing showed high efficacy of chloramphenicol, gentamicin, pradofloxacin, and enrofloxacin.

CONCLUSIONS:

The isolated microbiota aligns with previous studies performed in other countries, although the microbiota of cats in the present study showed wider bacterial diversity, and more Gram-negative species were isolated. Swab sampling should be performed with premoistened swabs. The topical antimicrobials gentamicin and chloramphenicol are suitable therapeutics for first-line treatment.

目的:

健康猫の結膜の細菌叢と真菌およびこれらの細菌叢に影響を与える要因を記述すること。抗菌剤耐性プロファイルを評価し、適切な抗菌剤の使用について議論すること。

動物実験:

120頭の健康な猫

手順:

乾いたまたは湿らせた綿棒を用いて結膜サンプルを両眼から採取し、好気性および嫌気性細菌および真菌のために培養した。in vitro細菌感受性試験を行った。年齢、性別、品種、季節、生活環境、および試料採取方法が、微生物単離の頻度および組成に及ぼす影響を評価した。

結果:

120匹の猫のうち49本(40.8%)および240匹のうち73本(30.4%)の綿棒において、微生物が単離された。分離株のうちグラム陽性菌は71%(61/86)、グラム陰性菌は26%(22/86)、真菌は3%(3/86)であった。 Staphylococcus felis(17/86; 19.8%)が最も一般的に分離された種であった。Moraxella osloensis(5/86; 5.8%)は、最も頻繁なグラム陰性種であった。季節は、分離の頻度に統計的に有意な影響(P = 0.04)を有していた。湿らせたスワブの使用は、グラム陽性細菌検出率を有意に増加させた(P = 0.03)。 in vitro感受性試験は、クロラムフェニコール、ゲンタマイシン、プラドフロキサシン、およびエンロフロキサシンの高い有効性を示した。

結論:

単離された微生物叢は、他の国で行われた以前の研究と一致するが、本研究の猫の微生物叢はより程度の大きい細菌多様性を示し、より多くのグラム陰性菌が単離された。スワブサンプリングは、湿ったスワブを用いて行うべきである。局所抗菌剤ゲンタマイシンおよびクロラムフェニコールは、第一選択治療に適した治療薬である。

 

コメント

ドイツからの報告です。健康な猫の微生物叢における本研究の結果が、治療が必要な病気の際にどの程度参考になるのかは不明です。また、抗生物質に対する耐性は、薬剤の使用状況などの差から日本のものと異なる可能性が高いでしょう。

1+