Mineralized Corneal Sequestrum in a Cat

猫の石灰化した角膜壊死片

Gemensky AJ, Wilkie DA. Mineralized corneal sequestrum in a cat. J Am Vet Med Assoc. 2001;219(11):1568-72-1550. / PMID: 11759995

論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

論文アブストラクト
原文自動翻訳
An 8-month-old 3-kg (6.6-lb) sexually intact male cat was evaluated for chronic refractory keratitis and a corneal plaque that developed after treatment with a corticosteroid-containing ophthalmic preparation. Pertinent ophthalmic findings included blepharospasm, conjunctivitis, corneal vascularization, and a tan raised corneal plaque with a dense and gritty composition. Lamellar keratectomy was performed to excise the plaque. The cornea healed with mild scarring. Histologic examination revealed extensive coagulation necrosis and mineralization of the corneal stroma with increased inflammatory cells, blood vessels, and fibrosis, which is compatible with a diagnosis of mineralized corneal sequestrum. The history suggested chronic feline herpesvirus-1 (FHV-1)-induced keratoconjunctivitis as the underlying cause. Topical corticosteroid administration may have potentiated the preexisting corneal necrosis and initiated mineralization. To our knowledge, mineralization of a corneal sequestrum in a cat has not been reported in a clinical case but has been reported in cats experimentally infected with FHV-1.

8ヵ月齢の3kg(6.6-lb)の未去勢の猫における、コルチコステロイド含有の眼科用製剤を使用した後に発生した、慢性難治性角膜炎と角膜プラークに関する評価した。 関連する眼科所見は、眼瞼痙攣,結膜炎,角膜血管新生,および高密度で粒状に生じた褐色の隆起した角膜プラークであった。 プラークを除去するために層状角膜切除を行った。 角膜は軽度の瘢痕を残し、治癒した。 組織学的検査では、広範な凝固壊死と角膜実質の石灰化が認められ、炎症性細胞の増加、血管および線維化の亢進が認められたが、これは石灰化した角膜壊死片の診断に一致していた。 根底にある原因として、慢性の猫ヘルペスウイルス1型(FHV-1)誘発性の角結膜炎を思わせる病歴があった。 局所的なコルチコステロイドの処置が、既存の角膜壊死と潜在していた石灰化を増強したのかもしれない。 我々の知る限りでは、猫の角膜壊死片の石灰化は臨床症例として報告されていない。しかし、実験的に、FHV-1を感染させた猫で起こることは報告されている

症例右眼の外貌。クリーム色をした角膜壊死片を角膜中央部に認める。Figure 1 より引用

研究デザイン:症例報告・ケースレポート

0