An association between systemic cyclosporine administration and development of acute bullous keratopathy in cats.

猫の急性水疱性角膜症発症と全身性シクロスポリン投与の関連性

Pierce KE, Wilkie DA, Gemensky-Metzler AJ, et al. An association between systemic cyclosporine administration and development of acute bullous keratopathy in cats. Vet Ophthalmol. 2016;19 Suppl 1:77-85. / PMID: 26880480
論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

論文アブストラクト
原文自動翻訳
OBJECTIVE:
To determine whether any association exists between the onset of feline acute bullous keratopathy (ABK) and administration of systemic corticosteroid or immunosuppressive therapy.

ANIMALS STUDIED:
Medical records of cats diagnosed with ABK between the years of 2000 and 2008 were retrospectively reviewed. Breed, age at diagnosis, weight, systemic disease status, eye affected, ophthalmic examination findings, systemic and topical therapy instituted, dosage and duration of therapy, visual outcome and histopathological analyses were recorded in cases meeting the inclusion criteria.

RESULTS:
A total of 12 cats of a surveyed population of 70 167 met the inclusion criteria with 17/24 eyes affected by ABK. Medical and/or surgical therapy was utilized for management of ABK with 13/17 eyes remaining sighted at the time of last follow-up. In a subset of cases corneal cytology, aerobic bacterial culture, FHV-1 PCR, virus isolation and/or histopathology were performed; no infectious organisms were identified. A rupture in Descemet’s membrane of the cornea was identified histologically in two globes. A total of 10 of 12 cats had been previously diagnosed with ongoing systemic disease. A total of 10 of 12 cats were receiving systemic therapy, and a significant association (P < 0.001) was noted between systemic administration of corticosteroids and/or cyclosporine A and the development of ABK. A total of 8 of 10 cats were administered oral prednisolone at doses between 1-2 mg/kg every 12-24 h. A total of 5 of 8 cats receiving oral prednisolone were concurrently administered oral cyclosporine at doses of 1.5-7 mg/kg every 12-24 h. Systemic cyclosporine therapy was found to be a significant risk factor (P < 0.001) for ABK development, while systemic prednisolone was not significant (P = 0.10).

CONCLUSIONS:
Systemic cyclosporine administration appears to be a risk factor for development of ABK in the population of cats studied.

目的
猫の急性水疱性角膜症(acute bullous keratopathy:ABK)の発症と全身性コルチコステロイド投与あるいは免疫抑制療法との間に何らかの関連が存在するかどうかを決定すること。

研究動物
2000年から2008年の間にABKと診断された猫の医療記録を回顧的にレビューした。 組み入れ基準を満たした症例の品種、診断時の年齢、体重、全身の疾患状況、罹患した眼、眼科検査所見、全身および局所療法、治療の投与量と期間、視覚の転帰、病理組織学的分析を記録した。

結果
70167頭の調査した集団のうち合計12頭が組み入れ基準を満たし、17眼/24眼がABKに罹患していた。17眼のうち13眼はABKの管理に対し内科および/あるいは外科的療法により、最終追跡調査時には視覚があった。 一部の症例において、角膜細胞診、好気性細菌培養、FHV-1 PCR、ウイルス分離、および/あるいは病理組織検査を実施したが、感染性病原体は同定されなかった。 角膜のデスメ膜の破裂は、2眼で組織学的に確認された。12頭中10頭の猫は、罹患していた全身性疾患に、以前に診断されたことがあった。12頭中10頭は全身性療法を受けており、コルチコステロイドおよび/あるいはシクロスポリンAの全身投与とABK発症の間に有意な関連性が認められた(P<0.001)。10頭中8頭のネコは、1-2mg/kgの用量で12-24時間ごとに経口投与されていた。 プレドニゾロンの経口投与を受けていた8頭中5頭は、同時に1.5-7mg/kgのシクロスポリンを12-24時間ごとに経口投与されていた。 全身性のシクロスポリン療法はAKB発症に対する有意なリスクファクター(P<0.001)で、全身性プレドニゾロンは有意ではなかった(P=0.10)。

結論
研究対象の猫の集団において、全身性シクロスポリン投与は急性水疱性角膜症発症のリスクファクターであると考えられた。

(a) ネコの急性水疱性角膜症(b) 同症例の摘出後のホルマリン固定眼球 (Fig.1より引用)

 

研究デザイン:後向きコホート・観察研究

コメント

コメント

 

1+