Orbital invasive squamous cell carcinoma with adnexal involvement clinically mimicking feline restrictive orbital myofibroblastic sarcoma: 19 cases (1990-2016).

ネコ拘束性眼窩筋線維芽細胞肉腫に臨床的に類似した付属器病変を伴う眼窩浸潤性扁平上皮癌:19症例(1990~2016)

Diehl KA, Pryor SG, Teixeira LBC. Orbital invasive squamous cell carcinoma with adnexal involvement clinically mimicking feline restrictive orbital myofibroblastic sarcoma: 19 cases (1990-2016). Vet Ophthalmol 2018;21(3):281–289.  / PMID: 29159852
論文アブストラクト(PubMed)はこちら

 

論文アブストラクト
原文自動翻訳

OBJECTIVE:

To describe the clinical presentations of patients diagnosed with ocular adnexal or orbital squamous cell carcinoma (SCC), which possess features similar to feline restrictive orbital myofibroblastic sarcoma (FROMS).

PROCEDURES:

A retrospective review of adnexal and/or orbital SCC was performed. Cases were collected from the University of Georgia College of Veterinary Medicine and the Comparative Ocular Pathology Laboratory of Wisconsin (COPLOW) (1990-2016). Data included signalment, ophthalmic clinical signs, nonophthalmic history and clinical signs, clinician suspicion of FROMS, advanced imaging results, and subsequent histopathologic diagnosis. FROMS cases from the COPLOW over the same time span were reviewed and compared statistically to the SCC cases with a significance threshold of 0.05.

RESULTS:

Nineteen cases (20 eyes) were identified with adnexal SCC with features similar to FROMS, including keratitis and eyelid/third eyelid restriction and/or thickening. There were no statistically significant differences between clinical findings in the SCC cases and the identified and compared FROMS cases (57 cases; 67 eyes), except for exophthalmos and/or resistance to retropulsion, which was less common in SCC cases (20%) than in FROMS cases (47.8%) (P = 0.027); and clinical or imaged presence of an overt eyelid or orbital mass, which was more common in the SCC cases (30%) than in the FROMS cases (4.5%) (P = 0.0010).

CONCLUSIONS:

SCC with adnexal involvement has many features similar to FROMS. In addition to FROMS, SCC should be considered a differential diagnosis in cats with restrictive adnexal or orbital signs and corneal changes.

目的:

ネコ拘束性眼窩筋線維芽肉腫(feline restrictive orbital myofibroblastic sarcoma: FROMS)と類似の特徴を有する眼付属器または眼窩の扁平上皮癌(squamous cell carcinoma: SCC)と診断された患者の臨床所見を記述すること。

手順:

眼付属器および/または眼窩SCCのレトロスペクティブ・レビューを行った。症例は、ジョージア大学獣医学部およびウィスコンシン大学の比較眼科病理学研究所(Comparative Ocular Pathology Laboratory of Wisconsin: COPLOW)(1990-2016)から収集した。データには、シグナルメント、眼科臨床徴候、眼に関連しない病歴および臨床兆候、FROMSを臨床医が疑っていたか、高度画像検査、およびその後の組織病理学的診断が含まれた。同じ期間にわたるCOPLOWからのFROMS症例をレビューし、SCC症例と統計学的有意差を0.05とし比較した。

結果:

FROMSに類似した特徴を有する眼付属器SCCとして19例(20眼)が同定された。それらは角膜炎、眼瞼/瞬膜の拘束および/または肥厚を含んでいた。SCC症例では眼球突出または眼球圧迫への抵抗(20%)がFROMS症例 47.8%(P = 0.027)と比べて稀であり、臨床的あるいは画像診断的に明らかな眼瞼または眼窩のマスは、FROMSの症例(4.5%)よりもSCC症例(30%)で多かった(P = 0.0010)。それ以外には、臨床所見においてSCC症例とFROMS症例(57例; 67眼)で統計学的な有意差は認められなかった。

結論:

眼付属器の関与を伴うSCCは、FROMSに類似した多くの特徴を有する。 FROMSに加えて、SCCは眼付属器または眼窩の拘束性病変および角膜の変化を伴うネコにおいて鑑別診断として考えられるべきである。

Figure 1 より 15歳・去勢オス・ヒマラヤン雑種。眼瞼の肥厚と拘束をしめす右眼の扁平上皮癌

 

コメント

FROMS症例よりもSCC症例で、明らかなマスを検出できたのは、FROMSが明らかなマス病変を示さない腫瘍であると報告している以前の研究と一致しています。しかし、本研究での70%のSCCもマス病変を示さないこと、角膜炎を含む他の所見も断定的ではないため、両疾患を鑑別診断に組込む必要がありそうです。「FROMSに類似した特徴を有する眼付属器SCC」がSCC症例の組込み基準であるため、そのバイアスにより、FROMSと所見が似ていて、さらに小さいサンプルサイズでは有意差が検出できない可能性が高いだろうと考察することもできます。FROMSの臨床所見と類似した眼部SCCもあるのだろうという認識で臨床的には良いのではないでしょうか。確定診断には病理組織学的検査が必要となります。
 

1+